子コミックだと言っても過言じゃありません。邪魔になる書籍を肌身離さず持ち歩くのが不要になるため、バッグの中身も軽量になります。時間を潰すのに持って来いのサイトとして、注目されているのが漫画サイトだそうです。本屋さんなどで […]